新規候補地に対する分析 (クイック商圏)

本演習にかかる時間はおよそ 15-30 分です。

クイック商圏」を使用することで、素早く商圏作成からレポートの実行までを行うことができます。本演習では、西船橋駅を評価対象としてクイック商圏を実行してみましょう。

演習

本演習は、後述のインフォグラフィックスの表示を行うことでサービス クレジットを 0.01 消費します。

事前準備が完了していない場合は、演習に入る前にこちらの操作を行ってください。

クイック商圏

クイック商圏を実行して、西船橋駅を起点とした商圏作成とインフォグラフィックスの実行を行います。

  1. 「BAProチュートリアル_商圏分析.aprx」の [演習2] マップを開き、[コンテンツ] ウィンドウおよびマップ上に店舗のポイント データがあらかじめ追加されていることを確認します。
  2. [解析] タブ → [ワークフロー] グループの [ビジネス解析] ボタン → [クイック商圏] をクリックして、[クイック商圏] ウィザードを開きます。

[クイック商圏] ウィザードの [ステップ1: 位置] で、解析対象となる位置を指定します。

  1. [場所検索] タブを開き、検索ボックスに「西船橋駅」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 検索結果が表示されるので、選択して [次へ] をクリックします。

[ステップ2: バッファー] で商圏を作成します。

  1. [道路距離/時間商圏] タブを選択し、以下のように設定し、[次へ] をクリックします。
    • 距離タイプ:運転時間 (平常時)
    • 時間:「5」、「10」、「15」と入力します。単位は「分」に設定します。
    • ディゾルブ オプション:ディスク

作成できる商圏は、リング商圏および道路距離/時間商圏のいずれかです。

ディゾルブ オプションの設定によって、複数の距離を指定した場合のポリゴンの重複のさせ方を指定できます。
・ディスク:各ポリゴンは、起点から距離値までの到達可能な領域を含みます。(例:5,10 分の道路時間商圏の場合、0-5 分の到達圏ポリゴンと 0-10 分の到達圏ポリゴンが生成されます。)
・リング:各ポリゴンは、連続する距離値の間にある領域のみを含みます。(例:5,10 分の道路時間商圏の場合、0-5 分の到達圏ポリゴンと 5-10 分の到達圏ポリゴンが生成されます。)

[ステップ3: 解析] では、作成する商圏に対してインフォグラフィックスの表示やレポートの作成、統計データの集計を実行できます。今回はインフォグラフィックスの表示を行います。

  1. [インフォグラフィックスの表示] ラジオ ボタンを有効にし、プルダウンから「基本統計プロファイル」を選択します。

商圏作成のみを行う場合には、ラジオ ボタンをすべてオフにした状態で次へ進んでください。

解析では商圏内の統計情報を集計し、以下のようなアウトプットを得ることができます。
・インフォグラフィックスの表示:動的な商圏レポート「インフォグラフィックス」を閲覧できます。1 ビューにつき 0.01 クレジットを消費します。
・レポートの作成:静的な商圏レポートを出力します。
・情報付加:統計データの集計値が付与された商圏ポリゴンを出力します。

  1. [次へ] をクリックして先へ進みます。
  2. [ステップ4: サマリー] でこれまでの設定内容を確認し、[完了] をクリックします。

ツールが実行され、インフォグラフィックス ビューが起動し、基本統計プロファイルの集計結果が表示されます。

  1. [バッファー サイズ] で集計範囲を切り替えたり、チャートなどを操作したりして結果を確認し、ビューを閉じます。

インフォグラフィックスは、グラフやチャートを動的に表現することができる新しい商圏レポートです。詳細はビジネスマップ用語集をご覧ください。

  1. マップ上に「クイック商圏」グループ レイヤーが追加されていることを確認します。グループ レイヤーには、以下のレイヤーが格納されています。
    • サイト:ステップ 1 で検索したポイント レイヤー
    • バッファー:ステップ 2 で設定した 3 次 (5, 10, 15 分) の運転時間商圏レイヤー

商圏に統計データを集計する

クイック商圏で作成した商圏に対して、統計データを集計してみましょう。

  1. [解析] タブ → [ジオプロセシング] グループの [ツール] をクリックします。
  2. [ジオプロセシング] ウィンドウを開いたら、[ツールボックス] タブを開き、[Business Analyst ツール] → [解析] と展開し、[レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] をクリックしてツールを開きます。
  3. [入力フィーチャ] のプルダウンから「クイック商圏¥バッファー」を選択します。
  4. [出力フィーチャクラス] で、「西船橋駅周辺の人口世帯」と入力します。
  5. [変数] で [+] ボタンをクリックして、データ ブラウザーを開きます。

データ ブラウザーでは、集計したい統計変数を選択することができます。今回は、人口と世帯を選択します。

  1. [人口] → [人口総数] → [2015 人口総数] にチェックを入れます。
  2. [カテゴリ] に戻り、[世帯] → [世帯総数] → [2015 世帯数 総数] にチェックを入れます。
  3. [詳細パネルの表示/非表示] をクリックし、2 変数が選択されていることを確認したら、[OK] をクリックして、データ ブラウザーを閉じます。
  1. [実行] をクリックしてツールを実行します。

[コンテンツ] ウィンドウおよびマップに結果レイヤーが追加されるので、集計値を確認します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの「西船橋駅周辺の人口世帯」を右クリック → [属性テーブル] をクリックして属性テーブルを開きます。
  2. 商圏別に人口及び世帯が集計されていることを確認します。

解析結果を Excel としてエクスポート

商圏レイヤーに付与された人口・世帯の値を Excel 形式でエクスポートします。

  1. [ジオプロセシング] ウィンドウの [戻る] ボタンをクリックし、検索ボックスに「Excel」と入力します。

  2. 検索結果の中の [テーブル → Excel (Table to Excel)] ツールをクリックして開きます。

  3. 以下のように設定して、[実行] をクリックします。

    • 入力テーブル:西船橋駅周辺の人口世帯
    • 出力 Excel ファイル:[参照] ボタンをクリックし、任意の保存場所に「西船橋駅周辺の人口世帯.xlsx」という名前で保存します。
    • [フィールド エイリアスを列ヘッダーとして使用する] にチェックを入れます。
  4. ツール実行が完了したら、[詳細の表示] をクリック → [パラメーター] タブの [出力 Excel ファイル] をクリックして出力された Excel を開きます。

  5. Excel を確認すると、西船橋駅を起点とした運転時間商圏レイヤーの情報と、レイヤー内の人口・世帯の集計値が含まれていることが分かります。

  6. [プロジェクト] タブ → [保存] を選択し、プロジェクトを保存します。

まとめ

この演習では、マップ上の任意の位置を選択して商圏およびインフォグラフィックスを作成し、素早く商圏内の人口分布を把握しました。更に、商圏内の統計データを集計し、その結果をテーブル データとして出力することができました。

また、以下ツールの操作について学びました。

  • [クイック商圏] ツール
  • [レイヤーへの情報付加] ツール
  • [テーブル → Excel] ツール