独自データからカスタム変数を作成

本演習にかかる時間はおよそ 30 分です。

町丁・字等別の顧客数や、売上高などの自社独自の数値情報を持つテーブル データを使用して、カスタム変数として登録する方法を学びます。本演習では、千葉県内の自社店舗の顧客数や売上情報のカスタム変数を作成すると想定し、あらかじめ用意された、町丁・字等別に集計した顧客数・売上情報を含む Excel ファイルを使用して、町丁・字等ポリゴンを作成し、それを独自変数として登録します。

演習用データのダウンロード

  1. BA Pro チュートリアル-カスタマイズ プロジェクトパッケージをダウンロードします。
  2. ダウンロードした「BAProチュートリアル-カスタマイズ.ppkx」を開き、[演習2] マップを開きます。

Business Analyst データ ソース が最新のデータセットに設定されていることをご確認ください。

売上情報を含むテーブル データの確認

プロジェクトパッケージはデフォルト設定では、以下の場所に展開されます。

C:\Users<ユーザー名>\Documents\ArcGIS\Packages\BAProチュートリアル-カスタマイズ_xxxx

統計データ コレクションのデータ ソースとなる、町丁・字等別に集計した顧客数・売上情報を含むテーブル データをマップに追加します。

  1. [マップ] タブ → [レイヤー] グループの [データの追加] をクリックします。
  2. [データ] を選択して、[データの追加] ダイアログを開きます。
  3. 演習データ内の Excel シートを選択し、[OK] をクリックします。

    <上記展開先>\commondata\userdata\町丁字等別売上情報.xlsx\町丁字等別売上情報$

Excel の読み込みができない場合、事前準備に記載の Microsoft Access データベース エンジンのインストール が必要な場合があります。

[フォルダー] に上記展開先のパスが接続されているため、[フォルダー] から Excel ファイルに接続することができます。

[コンテンツ] ウィンドウに「町丁字等別売上情報$」が追加されます。

  1. 「町丁字等別売上情報$」を右クリック → [開く] をクリックし、テーブルを開きます。
  2. テーブルに、町丁・字等の区画 ID や区画名、顧客数や売上高などの売上情報が含まれることを確認し、テーブルを閉じます。

「売上高」フィールドの単位は「円」とします。

町丁・字等ポリゴンの作成

追加したテーブル データを使用して、統計データ コレクションのデータ ソースとなる町丁・字等ポリゴンを作成します。

  1. [解析] タブ → [ジオプロセシング] グループの [ツール] をクリックし、[ジオプロセシング] ウィンドウの検索ボックスに「標準区画商圏」と入力します。
  2. 検索結果の中の [標準区画商圏の生成 (Generate Standard Geography Trade Areas)] ツールをクリックして開きます。
  3. ツールが開いたら、以下のように設定して [実行] をクリックします。
    • 区画レベル: 町丁・字等 (JP.Blocks)
    • 出力フィーチャクラス: 町丁字等別売上情報
    • 入力タイプ: テーブル
    • 区画 ID テーブル: 町丁字等別売上情報$
    • 区画キー フィールド: リンクコード

[入力タイプ] パラメーターを「テーブル」に設定した場合、[区画キー フィールド] はテキスト型である必要があります。

[標準区画商圏の生成] ツールでは、上記のように区画 ID を含むテーブルを基に商圏を作成できるほか、区画リストから、任意の区画を選択して商圏を作成することもできます。
その場合は、[入力タイプ] パラメーターを「リスト」に設定し、[区画 ID リスト] パラメーターの [参照] ボタンから [区画の選択] ダイアログを開き、追加したい区画を選択します。

ツール実行が完了したら、マップ上に町丁・字等ポリゴンが追加されます。属性テーブルを開いて、集計結果を確認します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの「町丁字等別売上情報」を右クリック → [属性テーブル] をクリックします。
  2. 属性テーブルが開いたら右にスクロールし、先ほど確認した顧客数や売上数等の情報を、出力されたポリゴンが持っていることを確認し、テーブルを閉じます。

これで、統計データ コレクションを作成するためのデータ ソースを作成することができました。

統計データ コレクションの作成

統計データ コレクションのデータ ソースとして指定できるのは、何らかの数値情報を持つポリゴン データのみです。

次に、作成した町丁・字等ポリゴンを使用して統計データ コレクションを作成し、カスタム変数を登録します。

  1. [解析] タブ → [ワークフロー] グループの [ビジネス解析] ボタン → [新しい統計データ コレクション] をクリックします。
  2. [データ追加] ダイアログが開いたら、[プロジェクト] → [データベース] → [BAProチュートリアル_カスタマイズ.gdb] → [町丁字等別売上情報] を選択し、[開く] をクリックします。

[SDCX の編集] ダイアログが開きます。このダイアログ内で、変数のカテゴリや集計方法等の詳細な設定を行うことができます。

  1. [変数] タブを開き、以下のフィールド名の行にのみチェックが入っていることを確認します。
    • 売上高
    • 売上数
    • 顧客数

本演習では独自データが持つフィールドしか使用しませんが、[変数の追加] から、Business Analyst オフライン データに搭載されている任意の変数を追加できます。

  1. チェックを入れた変数のエイリアスやカテゴリなどを、以下の通りに設定します。
フィールド名エイリアスカテゴリ年代精度フィールド形式サマリー タイプ加重割り当て方法種類
売上高売上高売上1Currency合計なしGEOMDouble
売上数売上数売上1Count合計なしGEOMDouble
顧客数顧客数顧客0Count合計なしGEOMDouble

[変数] タブで設定できる各項目の定義は、以下の通りです。

項目説明
フィールド名フィールドの名前。編集はできません。
エイリアスデータ ブラウザーで表示される見かけ上のフィールド名。
カテゴリ変数のカテゴリ。変数が多い場合に設定すると、変数の検索時に見つけやすくなります。
年代変数の年代を定義します。
精度変数の集計時にどの小数点まで算出するかを定義します。
フィールド形式変数の形式を定義します。数字 (Count)、割合 (Precent)、通貨 (Currency) のいずれかを指定できます。
サマリー タイプ変数の集計方法を定義します。合計と平均のいずれかを指定できます。
加重サマリー タイプを「平均」にした場合、必ず指定する必要があります。たとえば「顧客あたりの平均売上」を変数として設定する場合、加重には「顧客総数」を設定します。
割り当て方法変数の集計時に使用される加重按分の方法を定義します。国によって方法は異なります。日本については後述の Tip をご参照ください。
種類フィールドのデータ タイプ。編集はできません。

  1. [プロパティ] タブを開き、以下の通りに設定します。
    • タイトル: 町丁字等別売上情報
    • タグ: 売上, 顧客
    • アイコン: アイコン ボタンをクリックし、[その他] カテゴリの中から $ マークを選択します。
  2. [ソース] タブを開き、[パフォーマンス インデックス] の工具マークをクリックします。
  3. 変更を保存するか確認ダイアログが表示された場合は [OK] をクリックしてインデックスを構築します。
  4. [OK] をクリックしてダイアログを閉じます。

工具マークがグレーアウトしてクリックできない場合は、[OK] をクリックして一度ダイアログを閉じ、[カタログ] ウィンドウ → [Business Analyst] → [統計データ コレクション] → 「町丁字等別売上情報.sdcx」を右クリック → [編集] をクリックして、再度ダイアログを開いてください。

統計データ コレクション (*.sdcx ファイル) に対してインデックスを作成することで、集計のパフォーマンスが向上します。
*.sdcx ファイルを参照しているフィーチャクラスや *.sdcx ファイル自体に変更を加えた場合には、その都度インデックスを再構築する必要があります。構築は、[SDCX インデックスの生成 (Generate SDCX Index)] ツールからも実行できます。

商圏にカスタム変数を集計する

商圏に作成したカスタム変数と標準変数を集計します。

  1. [解析] タブ → [ワークフロー] グループの [ビジネス解析] ボタン → [クイック商圏] をクリックします。
  2. [場所検索] タブで、検索ボックスに「西船橋駅」と入力し、Enter キーを押します。
  3. 検索結果が表示されるので、選択して [次へ] をクリックします。
  4. [リング商圏] タブで、以下のように設定し、[次へ] をクリックします。
    • 半径: 「1」、「2」と入力します。(※ 3 つ目は空欄にします。)
    • ディゾルブ オプション: ディスク
  5. [情報付加] を有効にし、[+] ボタンをクリックします。
  6. [人口] カテゴリー → [人口総数] → [2020 人口総数] にチェックを入れます。
  7. [カスタム データ] ノードを選択し、「町丁字等別売上情報」カテゴリを開き、[顧客数] にチェックを入れて、[OK] をクリックします。
  8. [次へ] を選択し、[完了] をクリックしてツールを実行します。

マップに、西船橋駅を中心とする 1km/2km のリング商圏が生成され、指定した変数が集計したレイヤーが追加されます。結果の詳細を確認します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウ上の「情報付加バッファー」レイヤーを右クリック → [属性テーブル] を開きます。

属性テーブルは、[コンテンツ] ウィンドウで対象のレイヤーをクリックして選択した状態で、Ctrl + T でも開くことができます。

  1. 属性テーブルを右側にスクロースして、人口総数と顧客数が同時に集計できていることを確認します。

このような分析を通じて、市場ポテンシャルを確認しつつ、既存店への影響を評価することができます。

  1. [プロジェクト] タブ → [保存] を選択し、プロジェクトを保存します。

まとめ

この演習では、顧客数や売上情報を持つ町丁・字等の一覧が載ったテーブルを使用して、統計データ コレクションのデータ ソースとなる町丁・字等ポリゴンを作成しました。 さらに、作成したポリゴンを元に統計データ コレクションを作成し、カスタム変数を利用するための各種設定を行い、商圏に対して集計を行いました。 また、以下のツールの操作を学びました。

  • [標準区画商圏の生成] ツール
  • [統計データ コレクションの作成] ツール