帰宅困難となる従業員の確認

はじめに/事前準備

はじめに

ArcGIS Insights では、ドラッグ&ドロップを活用して簡単にグラフやマップを可視化したり、空間分析を実施したりすることが可能です。また豊富な可視化、空間分析機能を有しており、空間的あるいは属性的な関連性を分析することができます。それらの成果物は他のユーザーと共有するのはもちろんのこと、結果に至る分析フローも同時に保存でき、そのほかの分析に再利用することも可能です。
本項では、ArcGIS Insights の基本的な操作法と空間分析機能を理解して、[ワーク ブック] やマップ カードを作成、共有する方法についてを下記シナリオを基に学習します。

お使いの ArcGIS Online アカウントに ArcGIS Insights ライセンスのが割り当てがなされている必要があります。割り当て方法については下記のドキュメントをご覧ください。また、本ドキュメントでは ArcGIS Insights 2022.1 (Online) を利用し、作成しています。バージョンアップ等で UI 等が一部異なる場合がございます。ご了承ください。
ArcGIS Insights スタートアップガイド「1. ライセンスの割り当て (共通)」

本演習では 0.24 クレジットを消費します。クレジット詳細については下記のページをご覧ください。 ArcGIS Insights におけるクレジットの消費の概要

シナリオ

あなたは会社の管理部門に属しています。災害時に帰宅困難者となる従業員を確認することになりました。まず、従業員の居住地と事業所の位置をマップに可視化して、帰宅困難者となる従業員及び人数、属性を把握しましょう。

事前準備

  1. 下記の演習用データをダウンロードの上、任意の場所に保存します。
    ・従業員リスト.xlsx

  2. 演習用データが保存できたら以下のリンクを開いて ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に サインイン します。

  3. サインインできたら右上の [アプリランチャー]をクリックして、[Insights] を選択してクリックして、起動します。

  4. 「ようこそ、○○(ユーザー名)さん」と表示されたら、左の分析タブにある [ワーク ブック] をクリックして開きます。[ワーク ブック] を開くと右上に [新しいワーク ブック] が表示されるので、クリックします。

  5. [ページに追加] ウィンドウが表示されます。[ファイルのアップロード] をクリックして、先ほど任意の場所に保存したExcel ファイル「従業員リスト.xlsx」を選択します。

  6. Excel ファイルはシート毎に読み込みが可能なため、ここでは「オフィス.Table」と「従業員_新宿.Table」にチェックを入れて右下の [追加] をクリックします。

  7. 左側のコンテンツ タブに先ほど選択した Excel シートが追加されました。

  8. 「従業員_新宿.Table」の [データセットのオプション] にカーソルを合わせて、[データ テーブルの表示] をクリックします。テーブル内に「住所」、「緯度経度」の他に「利用者ID」などの属性情報が格納されていることを確認します。「オフィス.Table」も同様に「住所」の属性情報が格納されていることを確認します。

  9. 左上の「無題のワークブック」を「帰宅困難となる従業員の確認」と変更します。

  10. 左上にある [保存] をクリックして「帰宅困難となる従業員の確認」の [ワークブック] を保存します。