データの編集に関する設定を変更したい

データの編集に関するさまざまな設定を変更できます。

編集の有効化

データを編集できるようにします。

  1. フィーチャ レイヤーのアイテム詳細ページの [設定] タブ → [編集の有効化] チェックボックスをオンにします。

  2. [どのような種類の編集が許可されていますか?] で許可する編集の権限を選択します。

  3. [保存] をクリックします。

    既に保存済みの Web マップにレイヤーを追加している場合、レイヤーの編集が不可の状態を保持しています。Web マップで編集ができない場合は、上記の設定後にレイヤーを追加し直し、再度保存してください。

オフラインで利用する

現地調査アプリでオフライン利用ができるようにします。

  1. フィーチャ レイヤーのアイテム詳細ページの [設定] タブ → [同期の有効化] チェックボックスをオンにします。
  2. [保存] をクリックします。

編集者、編集日時の自動記録

フィーチャごとに、作成者、作成日時、更新者、更新日時が自動記録されるフィールドを作成し、アプリ上で表示できるようにします。

  1. フィーチャ レイヤーのアイテム詳細ページの [設定] タブ → [フィーチャの作成者および最終更新者を記録] チェックボックスをオンにします。
  2. [保存] をクリックします。
  3. フィーチャ レイヤーに [CreationDate]、[Creator]、[EditDate]、[Editor] の列が自動で追加され、それぞれフィーチャの作成日時と作成者、更新日時と更新者が自動記録されます。

フィーチャの閲覧・編集権限の制御

フィーチャの閲覧・編集権限を細かく制御します。

  1. フィーチャ レイヤーのアイテム詳細ページの [設定] タブ → [フィーチャの作成者および最終更新者を記録] チェックボックスをオンにします。

  2. 必要に応じて [どのフィーチャを編集者は閲覧できますか?]、[どのフィーチャを編集者は編集できますか?]、[匿名の (サイン インしていない) 編集者はどのようなアクセスが可能ですか?] の設定を更新します。

    詳細な設定につきましては、ヘルプをご参照下さい。