マップの作成

マップの作成


マップに可視化するためには位置情報が不可欠です。先の演習の最後に「従業員_新宿.Table」や「オフィス.Table」の [データ テーブル] を表示して、テーブル内に「住所」、「緯度経度」といった位置情報が格納されていることを確認しました。今回は、従業員の居住地は「従業員_新宿.Table」の「緯度経度」フィールド、事業所の位置は「オフィス.Table」の「住所」フィールドを使用して可視化を行います。

  1. 「従業員_新宿.Table」の右横にある [データセットのオプション] → [位置の有効化] をクリックします。

  2. 以下のようにパラメーターを設定して、[実行] をクリックします。

処理が完了すると、自動的に「従業員_新宿.Table」に [座標] フィールドが追加されます。

座標または住所で位置を有効化した場合では、同じポイントのフィーチャはデフォルトで 1 つのフィーチャに集約されます。全てのポイント フィーチャを集約せずに維持するには、[位置の有効化] で [同じフィーチャの繰り返し] パラメーターをオンにする必要があります。

  1. [座標] フィールドを選択し、右側のページにドラッグすると表示される [マップ] 領域でドロップすれば、従業員の居住地を示す [マップ カード] が作成されます。これで従業員の居住地を「緯度経度」を用いて、マップ上に可視化することができました。マップの識別を分かりやすくするために、左上の [カード 1 ] をクリックして、[従業員居住地] と変更します。

  2. 「オフィス.Table」の [データセットのオプション] → [位置の有効化] をクリックします。

  3. 以下のようにパラメーターを設定して、[実行] をクリックします。

  • [位置情報の種類] : 住所
  • [ジオコーディング サービス]: ArcGIS World Geocoding Service
  • [国] : 日本
  • [住所フィールド]: 1 つ
  • [住所] : 住所
  • [同じフィーチャの繰り返し] をオフ

処理が完了すると「オフィス.Table」に [住所] フィールドが追加されます。

  1. [住所] フィールドを選択し、右側のページにドラッグすると表示される [マップ] 領域でドロップすれば、事業所の位置を示す [マップ カード 2] が作成されます。[マップ カード 2 ] を「事業所の位置」に変更します。これで事業所の位置を「住所」を用いて、マップ上に可視化することができました。

  2. 左上にある [保存]をクリックしてワークブックを保存します。