顧客分布を元にした商圏の生成

本演習にかかる時間はおよそ 15-25 分です。

本演習では、店舗ごとの顧客データを用いて顧客分布商圏を作成します。また、作成した顧客分布商圏に近似した到達圏を作成し、各店舗の商圏範囲が自動車で平均何分圏に該当するのかを確認します。

顧客分布商圏は、店舗ごとの顧客データをもとに、店舗から近い順に顧客データを一定割合含む範囲を指し「実勢商圏」とも呼びます。詳細は、ビジネスマップ用語集をご覧ください。

演習

事前準備が完了していない場合は、演習に入る前にこちらの操作を行ってください。

店舗および顧客ポイントの確認

「BAProチュートリアル_顧客分析.aprx」の [演習1] マップを開き、[コンテンツ] ウィンドウおよびマップ上に店舗および顧客のポイント データがあらかじめ追加されていることを確認します。

顧客分布商圏の生成

店舗および顧客ポイントを使用して、顧客分布商圏を作成します。今回は、顧客の 7 割をカバーする商圏を作成します。

  1. [解析] タブ → [ジオプロセシング] グループの [ツール] をクリックし、[ジオプロセシング] ウィンドウの検索ボックスに「顧客分布商圏」と入力します。
  2. 検索結果の中の [顧客分布商圏の生成 (Generate Customer Derived Trade Areas)] ツールをクリックして開きます。
  3. [顧客分布商圏の生成] ツールが開いたら、以下のように設定します。
    • 店舗:自社店舗
    • 店舗 ID フィールド:店舗ID
    • 顧客:自社顧客
    • 関連付けられた店舗 ID フィールド:店舗ID
    • 出力フィーチャクラス:顧客分布商圏_7割
    • 方法:詳細 (スムージング)
    • 半径 (%):70
    • 顧客の集計タイプ:個数
  4. 以下の通りに設定が完了したら、[実行] をクリックします。

顧客の集計タイプは、顧客ポイントの個数以外に顧客の持つ属性 (例えば売上高など) を選択できます。

マップに、自社店舗を起点とした、顧客の 7 割をカバーする実勢商圏が追加されます。

顧客分布商圏に近似した道路時間商圏の生成

これまでの操作で、顧客の 7 割をカバーする商圏を作成しました。次に、作成した商圏をカバーする道路時間商圏を作成し、各店舗の実勢商圏が自動車で平均何分圏に該当するかを確認します。

  1. [ジオプロセシング] ウィンドウの [戻る] ボタンをクリックし、検索ボックスに「近似到達圏」と入力します。
  2. 検索結果の中の [近似到達圏の生成 (Generate Approximate Drive Times)] ツールをクリックして開きます。
  3. ツールが開いたら、以下のように設定して [実行] をクリックします。
    • 入力フィーチャ:顧客分布商圏_7割
    • 出力フィーチャクラス:近似到達圏_顧客分布
    • 距離タイプ:運転時間 (平常時)
    • 距離単位:分

マップに、顧客分布商圏に近似した道路時間商圏が追加されました。結果の詳細を確認します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウ上の「近似到達圏_顧客分布」を右クリック → [属性テーブル] をクリックして、属性テーブルを開きます。

「AREA_DESC」フィールドに、各実勢商圏を道路時間商圏で近似したときの移動時間が格納されます。店舗 2~4 に関しては、6~7 分程度になっていますが、店舗 1 に関しては 11 分程度と他の店舗と比較して商圏範囲が広くなっていることが分かります。

近似到達圏の移動時間を新しいエリアでの出店時の商圏作成の基準として利用することで、より高精度な商圏分析を行うことができます。

  1. [プロジェクト] タブ → [保存] を選択し、プロジェクトを保存します。

まとめ

この演習では、顧客の分布状況を元にした実勢商圏を作成することができました。さらに、実勢商圏を近似した道路時間商圏を作成することで、各店舗の商圏範囲が自動車で平均何分圏に該当するのかを調べることができました。

また、以下のツールの操作について学びました。

  • [顧客分布商圏の生成]] ツール
  • [近似到達圏の生成] ツール