ArcGIS Pro からタイル レイヤーを公開したい

ArcGIS Pro 上のデータをタイル レイヤーとして ArcGIS Online に公開します。タイル レイヤーには、画像形式で高速描画が可能なラスター タイルと、Web マップ上でスタイルを変更できるベクター タイルの 2 種類があります。「ホスト タイル レイヤーの公開」の権限が必要です。

それぞれのステップの詳細な手順は、「ArcGIS Pro 逆引きガイド」をご参照ください。

ラスター タイル レイヤーの公開

航空写真や図面などの画像形式のデータを ラスター タイル レイヤーとして公開します。

  1. ArcGIS Pro を起動し、プロジェクトを作成します。
    ArcGIS Pro 逆引きガイド「1-4. ArcGIS Pro の起動と保存」

  2. タイル レイヤーとして公開したいデータをマップに追加します。公開しないデータは ArcGIS Pro から削除します。
    ArcGIS Pro 逆引きガイド「2-3. マップにデータを追加・削除したい」

  3. ArcGIS Online にサイン インしていることを確認し、[共有] タブ → [Web レイヤー] → [Web レイヤーの公開] をクリックします。

  4. [Web レイヤーとして共有] ウィンドウで、[名前]、[概要]、[タグ] を入力し、[レイヤー タイプ] は [タイル] を選択します。

    Web レイヤーの [名前] には、アンダースコア (_) 以外の特殊文字は使用できません。また、既に組織サイト上に存在するサービス名と同じ名前は使用できません。公開後、ArcGIS Online のアイテム詳細ページで、わかりやすい日本語名に変更できます。

  5. [構成] をクリックし、[詳細レベル] でタイルの最小/最大レベルを指定し、[ローカルにキャッシュ] ラジオ ボタンをオンにします。

    [ローカルにキャッシュ] 以外のオプションを選択している場合、タイル レイヤーの公開処理に ArcGIS Online のクレジットを消費します。

  6. [公開] をクリックして、タイル レイヤーとして ArcGIS Online に共有します。

    レイヤーの公開時に、画面下部に [エラー]、[警告]、[メッセージ] が表示される場合があります。[エラー] が表示された場合は、レイヤーを公開できないため、エラー内容を確認し修正後、再度レイヤーを公開します。[警告] が表示された場合、示されている事項を修正することで、レイヤーのパフォーマンスなどを向上できます。

    上記以外に、ジオプロセシング ツールで作成したタイル パッケージをブラウザー経由またはジオプロセシング ツールで ArcGIS Online に共有し、タイル レイヤーを公開する方法があります。詳細はヘルプをご参照ください。

ベクター タイル レイヤーの公開

境界や道路線などのベクターのデータをベクター タイル レイヤーとして公開します。

  1. ArcGIS Pro を起動し、プロジェクトを作成します。
    ArcGIS Pro 逆引きガイド「1-4. ArcGIS Pro の起動と保存」

  2. ベクター タイル レイヤーとして公開したいデータをマップに追加します。公開しないデータは ArcGIS Pro から削除します。
    ArcGIS Pro 逆引きガイド「2-3. マップにデータを追加・削除したい」

  3. ArcGIS Online にサイン インしていることを確認し、[共有] タブ → [Web レイヤー] → [Web レイヤーの公開] をクリックします。

  4. [Web レイヤーとして共有] ウィンドウで、[名前]、[概要]、[タグ] を入力し、[レイヤー タイプ] は [ベクター タイル] を選択します。

    Web レイヤーの [名前] には、アンダースコア (_) 以外の特殊文字は使用できません。また、既に組織サイト上に存在するサービス名と同じ名前は使用できません。公開後、ArcGIS Online のアイテム詳細ページで、わかりやすい日本語名に変更できます。

  5. [構成] をクリックし、[詳細レベル] でタイルの最小/最大レベルを指定し、[ローカルにキャッシュ] ラジオ ボタンをオンにします。

    [オンライン上にキャッシュ] のオプションを選択している場合、ベクター タイル レイヤーの公開処理に ArcGIS Online のクレジットを消費します。また、フィーチャ レイヤーも同時に公開されます。

  6. [公開] をクリックして、タイル レイヤーとして ArcGIS Online に共有します。

    レイヤーの公開時に、画面下部に [エラー]、[警告]、[メッセージ] が表示される場合があります。[エラー] が表示された場合は、レイヤーを公開できないため、エラー内容を確認し修正後、再度レイヤーを公開します。[警告] が表示された場合、示されている事項を修正することで、レイヤーのパフォーマンスなどを向上できます。

    上記以外に、ジオプロセシング ツールで作成したベクター タイル パッケージをブラウザー経由またはジオプロセシング ツールで ArcGIS Online に共有し、ベクター タイル レイヤーを公開する方法があります。詳細はヘルプをご参照ください。