トラッキング機能の利用

トラッキング データ (作業員の現在位置や移動履歴) を収集するための設定とモバイル アプリの操作について説明します。

トラッキング機能の有効化とライセンスの割り当て

ArcGIS Online の組織サイトで設定を行います。

  1. 組織の管理者が位置のトラッキングを有効化します。

    位置のトラッキングを有効化するには、Mobile Worker ユーザー タイプが 1 つ以上ある組織か、組織が Location Sharing ユーザー タイプ エクステンションを購入し保有している必要があります。

    位置のトラッキングを有効化した管理者は、位置のトラッキングに必要なすべてのアイテム (レイヤーおよびトラック ビュー) の所有者となり、それらが格納される「位置のトラッキング」フォルダーがマイ コンテンツに作成されます。

  2. トラッキングの機能を利用するユーザーに Location Sharing ユーザー タイプ エクステンション ライセンスを割り当てます。
    利用するユーザーがMobile Worker ユーザー タイプの場合は、この操作は不要です。

トラッキング機能を利用

Field Maps モバイル アプリでトラッキング データを収集します。

  1. Mobile Worker ユーザー タイプまたは ArcGIS Location Sharing ユーザー タイプ エクステンション ライセンスが割り当てられたユーザーで、ArcGIS Field Maps にサイン インします。
  2. マップの一覧ページの上部にある [マイ トラック] のトグルをオンにして、トラッキング期間を選択します。
  3. 移動履歴を確認するには、開いたマップの、右上の [レイヤー] をタップして、[マイ トラック] レイヤーをオンにします。

設定の詳細については、ヘルプをご参照ください。