空のフィーチャ レイヤーを作成したい

新しくデータを入力できる、空のフィーチャ レイヤーを作成します。「ホスト フィーチャ レイヤーの公開」権限が必要です。

  1. [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブへ移動します。

  2. [新しいアイテム] → [フィーチャ レイヤー] をクリックします。

  3. [フィーチャ レイヤーを作成するためのオプションの選択] ウィンドウが表示されます。

    • [空のレイヤーを作成]: 任意のレイヤー タイプを指定し、空のフィーチャ レイヤーを作成します。
    • [既存のレイヤーから] タブ: 組織内に既に公開されているレイヤーから空のフィーチャ レイヤーを作成する際に、ここでレイヤーを選択します。
    • [テンプレートの使用]: 組織内に既に公開されているレイヤーから空のフィーチャ レイヤーを作成する際に、ここでレイヤーを選択します。
    • [ArcGIS Server レイヤーの URL を指定]: 組織内外のフィーチャ レイヤーの URL を指定して、空のフィーチャ レイヤーを作成します。 ここでは、[空のレイヤーを作成] オプションを使用し、ホスト フィーチャ レイヤーに含めるレイヤーとテーブルを定義して作成する方法について説明します。
  4. [名前とタイプの指定] でレイヤー名およびレイヤー タイプを指定します。[追加] をクリックすることで、1 つのフィーチャ レイヤー内に複数のレイヤーを含めることができます。レイヤー タイプは「ポイント レイヤー」、「ライン レイヤー」、「ポリゴン レイヤー」、「テーブル」のいずれかから選択することができます。

    現地調査で GPS の受信機情報を自動記録したい場合は、[GPS メタデータ フィールドの追加] のチェックボックスを、高度の情報を保存するためのデータにするには [Z 値の有効化] のチェックボックスをオンにします。[GPS メタデータ フィールドの追加] チェックボックスをオンにすると、現地調査で GPS 機器を使用した際に、GPS メタデータを自動記録できるようになります (ポイント レイヤーのみです)。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. フィーチャ レイヤーの [タイトル] を入力します。

    タイトルについて、既に組織サイト上に存在するサービス名と同じ名前は使用できません。また、半角英数字およとびアンダースコア (_) での入力を推奨します。

  7. [保存] をクリックします。

  8. 空のフィーチャ レイヤーが作成され、レイヤーのアイテム詳細ページが表示されます。 タイトルは、[編集] をクリックして、わかりやすい日本語のデータ名に変更できます。

    データにフィールドを追加したり、入力候補のリストを作成したりするには、「フィールドを追加、削除したい」、「入力時の選択リストを作成したい」をご参照ください。