シェープファイルを ArcGIS Online にアップロードしたい

シェープファイルを ArcGIS Online にアップロードし、フィーチャ レイヤーとして公開します。この方法では最大 500 GB のファイルを [マイ コンテンツ] にアップロードできます。

シェープファイルの準備

シェープファイルを zip 形式に圧縮します。

  1. Windows エクスプローラーでシェープファイルを保存している場所へ移動します。
  2. シェープファイルを構成しているファイルをすべて選択し、右クリック → [送る] → [圧縮 (zip 形式) フォルダー] をクリックします。

ArcGIS Desktop 10.2.1 より前のバージョンや ArcGIS 製品以外で作成したシェープファイルを ArcGIS Online にアップロードした際に属性情報が文字化けする場合があります。下記の 1 ~ 3 の手順で CPG (*.cpg) ファイルを作成し、シェープファイルで使われている文字コードを明示的に指定することにより、文字化けを回避できます。

  1. テキスト ファイルに「SJIS」と入力して保存します。
  2. ファイル名をシェープファイルと同じ名称に変更し、拡張子を「*.cpg」に変更し、シェープファイルと同じ場所に保存します。
    例: シェープファイル「abc.shp」をご利用の場合は「abc.cpg」というファイル名にします。
  3. 上記のファイルをまとめて、Zip 形式に圧縮します。

圧縮したシェープファイルを下記の手順でアップロードします。

シェープファイルのアップロード

  1. [コンテンツ] ページ → [マイ コンテンツ] タブで、[新しいアイテム] → [お使いのデバイス] をクリックし、シェープファイルを圧縮した Zip ファイルを指定します。
  2. [アイテム タイプ] が「シェープファイル」になっていることと、[~ を追加してホスト フィーチャ レイヤーを作成] になっていることを確認し、[次へ] をクリックします。
  1. [タイトル] にレイヤー名を入力し、[保存] をクリックします。

タイトルについて、既に組織サイト上に存在するサービス名と同じ名前は使用できません。また、半角英数字おとびアンダースコア (_) での入力を推奨します。

  1. フィーチャ レイヤーが作成され、サービスのアイテム詳細ページが表示されます。

編集を行いたい場合は、「データの編集に関する設定を変更したい」をご参照ください。