新規候補地に対する分析 (クイック商圏)

本演習にかかる時間はおよそ 15-30 分です。

クイック商圏」を使用することで、商圏作成からレポートの実行までを簡単に行うことができます。本演習では、西船橋駅を評価対象として分析を行います。

演習

演習用データのダウンロード

  1. BA Pro チュートリアル-商圏分析 プロジェクトパッケージが無い場合は、ダウンロードします。
  2. ダウンロードした「BAProチュートリアル-商圏分析.ppkx」を開き、[演習2] マップを開きます。

Business Analyst データ ソース が最新のデータセットに設定されていることをご確認ください。

クイック商圏

クイック商圏を実行して、西船橋駅を起点とした商圏作成を行います。

  1. [解析] タブ → [ワークフロー] グループの [ビジネス解析] ボタン → [クイック商圏] をクリックします。

[クイック商圏] ウィザードの [ステップ 1: 位置] で、解析対象となる位置を指定します。

  1. [場所検索] タブの検索ボックスに「西船橋駅」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 検索結果が表示されるので、選択して [次へ] をクリックします。

[ステップ2: バッファー] で商圏を作成します。

  1. [道路距離/時間商圏] タブを選択し、以下のように設定し、[次へ] をクリックします。
    • 距離タイプ: 運転時間 (平常時)
    • 時間: 「5」、「10」、「15」と入力します。単位は「分」に設定します。
    • ディゾルブ オプション: ディスク

ディゾルブ オプションは、ドーナツ状のポリゴンを生成するかを指定します。
・ディスク : 各ポリゴンは起点から指定した値までの領域になります。
(例: 5,10 分の道路時間商圏の場合、0-5 分の到達圏ポリゴンと 0-10 分の到達圏ポリゴンが生成されます。ドーナツ状になりません。)
・リング : 各ポリゴンは、指定した値の間にある領域のみになります。
(例: 5,10 分の道路時間商圏の場合、0-5 分の到達圏ポリゴンと 5-10 分の到達圏ポリゴンが生成されます。ドーナツ状になります。)

  1. [ステップ3: 解析] では、何も設定せず [次へ] をクリックします。

ステップ 3 では、作成する商圏に対してインフォグラフィックスやレポートの作成、統計データの集計を実行できます。

  1. [ステップ4: サマリー] で設定内容を確認し、[完了] をクリックします。

ツールが実行され、マップ上に商圏が追加されます。

商圏に統計データを集計する

クイック商圏で作成した商圏に対して、統計データを集計してみましょう。

  1. [解析] タブ → [ジオプロセシング] グループの [ツール] をクリックします。

[ジオプロセシング] ウィンドウが表示されます。

  1. [ツールボックス] タブを選択し、[Business Analyst ツール] → [解析] → [レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] を開きます。
  2. [入力フィーチャ] のプルダウンから「クイック商圏¥バッファー」レイヤーを選択します。
  3. [出力フィーチャクラス] で、「西船橋駅周辺の人口世帯」と入力します。
  4. [変数] で [+] ボタンをクリックして、データ ブラウザーを開きます。

データ ブラウザーでは、集計したい統計変数を選択することができます。今回は、人口と世帯を選択します。

  1. [人口] → [人口総数] → [2020 人口総数] にチェックを入れます。
  2. [カテゴリ] に戻り、[世帯] → [世帯総数] → [2020 世帯数 総数] にチェックを入れます。
  3. [詳細パネルの表示/非表示] をクリックし、2 変数が選択されていることを確認して、[OK] をクリックします。
  1. 各パラメーターが設定されているのを確認して、[実行] をクリックしてツールを実行します。

[コンテンツ] ウィンドウおよびマップに結果レイヤーが追加されるので、商圏別に人口及び世帯が集計されていること確認します。

  1. 結果レイヤーである「西船橋駅周辺の人口世帯」レイヤーを右クリック → [属性テーブル] をクリックします。

解析結果を Excel としてエクスポート

商圏レイヤーに付与された人口・世帯の値を Excel 形式でエクスポートします。

  1. [ジオプロセシング] ウィンドウの [戻る (←) ] ボタンをクリックします。
  2. [ツールの検索] に「Excel」と入力します。
  3. 検索結果から [テーブル → Excel (Table to Excel)] ツールをクリックして開きます。
  4. 以下のように設定して、[実行] をクリックします。
    • 入力テーブル: 西船橋駅周辺の人口世帯
    • 出力 Excel ファイル: [参照] ボタンをクリックし、任意の保存場所に「西船橋駅周辺の人口世帯.xlsx」という名前で保存
    • [フィールド エイリアスを列ヘッダーとして使用する] にチェックを入れる

エクスポートした Excel ファイルを開いて、西船橋駅を起点とした運転時間商圏レイヤーの情報と人口・世帯の集計値が含まれていることを確認します。(要 Microsoft Excel)

  1. ツール実行後に [詳細の表示] にカーソルを当て、[パラメーター] タブの [出力 Excel ファイル] を選択します。
  1. [プロジェクト] タブ → [保存] を選択し、プロジェクトを保存します。

まとめ

この演習では、マップ上の任意の位置を選択して商圏およびインフォグラフィックスを作成し、素早く商圏内の人口特性を把握しました。さらに、商圏内の統計データを集計し、その結果をテーブル データとして出力することができました。また、以下ツールの操作について学びました。

  • [クイック商圏] ツール
  • [レイヤーへの情報付加] ツール
  • [テーブル → Excel] ツール